été 10th Anniversary Exhibition

庄司夏子

 

2024年7月24日(水)- 2024年7月25日(木)
開廊時間:11:00〜19:00

※7月24日(水)のみ予約制。
ご予約はこちらから

アーチスト:庄司夏子
フラワーアレンジメント:東 信
展覧会ロゴ:VERDY
主催:カイカイキキギャラリー
特別協賛:Sky株式会社
協力:Dom Pérignon

Chef: Natsuko Shoji / Flower Design: Azuma Makoto / Photograph: Shiinoki Shunsuke

 

カイカイキキギャラリーでは、「été 10th Anniversary Exhibition」(特別協賛Sky株式会社)を開催いたします。
レストラン「été」のオーナーシェフを務め、2020年に「アジアのベスト・レストラン50」において「ベストパティシエ賞」、2022年には同アワードの「最優秀女性シェフ賞」を受賞した庄司夏子氏。彼女が作り出す食の世界は、圧倒的な美意識に支えられ、まさにアートと呼ぶにふさわしい独自の世界で注目を浴び続けてきました。薔薇の花のようにデザインされたマンゴーのケーキが「été」の黒いボックスの中で輝くマンゴーのタルト「フルール・ド・エテ」がシグネチャーの一つである庄司氏ですが、その「été」は2014年にマンションの一室からスタートして、今年で10周年を迎えます。


 

Chef: Natsuko Shoji / Flower Design: Azuma Makoto / Photograph: Shiinoki Shunsuke


展覧会概要

10周年の節目の年のセレブレーションの展覧会で、庄司氏はかねてより交流のあったフラワーアーチスト東信氏とのコラボレーションを企画。アートとしての食を追求する庄司氏に、東京の南青山にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構えつつ、アートとしての花を追求し続ける東氏が共鳴し、フルーツが宝石のように輝くケーキ達と妖しい美しさを放つ花達の競演が実現しました。

ギャラリーにはケーキとそのケーキの世界観からインスパイアされた花の9つのボックスが並び、来場者は巨大なケーキが並んでいるような空間を、それぞれのケーキの世界観を楽しみながら巡ります。

展覧会1日目限定で「食べられる展示」も予定。花に彩られたインスタレーションの中から、実際にマンゴータルトや季節のフルーツなどを「摘んで」味わ って頂く、まさに味覚と視覚、触覚や嗅覚も含めた五感で味わう展示です。
また、2日目にはインスタレーションに用いた花を来場者にお配りいたします。東氏のチームによる花束を、この「花配り」のために制作された特製の袋で、まるでétéのケーキのようにお持ち帰り頂きます。
本展のタイトルロゴは、庄司氏の長年のコラボレーターであり友人でもあるVERDY氏がデザインを担当しました。


 

Chef: Natsuko Shoji / Flower Design: Azuma Makoto / Photograph: Shiinoki Shunsuke

(2) ©Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.


会場での販売について

10周年記念セレブレーションとして、100名様限定で庄司夏子のスタート起源でありシグネチャーとなったマンゴータルトを通常とは異なる食べやすいサイズでプラントベースレシピの10周年特別パッケージで販売いたします。
またこのコフレにはVERDY氏による「Girls Donʻt Cry」とのコラボレーションデザインのオリジナルキーチェーンも付属いたします。カラーはマンゴーのタルトに合わせた限定カラーリングのオレンジ。ファン垂涎の一品です。
販売は以下のサイトにて行います。ケーキの受け取りを展覧会会場にて25日に行う予定です。

ご予約はこちらから

また、庄司氏と東氏のコラボレーション作品を、ポスターとカードセットで発売いたします。食と花のアートを、展覧会の記憶とともに、お持ち帰り頂ければと思います。


 


ポスター(A2サイズ・2種/各¥2,000-tax in.)

カードセット(A5サイズ・11枚入り/¥2,500-tax in.)


アーチストからのメッセージ

この度étéは10周年を迎えました。
オープン日が正直、夏子の日で7月25日と登録はしたけども、正式な日にちはわからないほどに、スタート当時は絶望と、ただただ惨めでした。
しかし、今のアイコニックとなったマンゴータルトが誕生し、そこから気がつけば10年、今はたくさんのお客様や、仲間ができました。支えてくれた皆様には感謝しかありません。
体内の全てが沸るような製作への情熱、時には憤怒や悔恨と共に走り抜けてきた、この10年(以上)の熱をどう表現したらいいだろうかとずっと考えてきました。

食は人の血となり肉となり身体の一部になり、また生花の咲いて朽ちてゆくまでのストーリーと最後は地球にもど っていくサイクルはとても美しく艶めかしく、儚い世界です。また全てに共通することは情熱が宿る素晴らしいア ートであると私は思います。

今回、10年の集大成と、支えてくれた方々と自分のいる食の世界に対してオマージュを示したいと強く願い、今回大変に光栄な事に東信さんのJARDINS des FLEURSチームと、村上隆さんのKaikai Kiki Galleryで作品を発表させていただく運びとなりました。また、親友でグラフィックアーティストのVERDYくんに製作いただいた10周年のロゴをモチーフにした限定アイテムなども発表します。
命が宿った心に響く展示になっているのでたくさんの方々にきていただけると嬉しいです。
そして、特別協賛を頂いたSky株式会社様、この度は料理業界の未来を含めたサポートに本当に感謝しております。
日本独自の美しい世界を生涯かかけて発信してまいります!

庄司夏子


庄司夏子

しょうじ・なつこ/
1989年、東京都生まれ。駒場学園高等学校 食物調理科を卒業。24歳のときにスイーツ専門店として〈été〉を開業、翌年、スイーツ店を併設したレストランに。2020年、アジアのベストレストラン50「アジアのベスト・パティシエ賞」、2022年、同「アジアの最優秀女性シェフ賞」受賞。


 

 


コラボレーターからのメッセージ

été庄司シェフの作るスイーツは芸術である。薔薇の花びらを模した美しいマンゴーのケーキに、幾何学的に整然と並ぶイチゴやマスカット、散りばめられる繊細な桜の飴細工。今回été 10周年を迎えるにあたり、そんな彼女の作り出す美しいケーキと、私の花のコラボレーションという形で11種類の作品を制作した。
花という自然の命を扱う私の作品に、彼女のケーキがあっという間に溶け込み一体化するのは、食材もまた命であるからに他ならない。共に自然界の命を預かり、そこに人の手を加え、誰かに喜びや感動を与えるものづくりをする仲間である庄司シェフ。これからも自分の料理の道を切り拓き、多くの方に感動を与え続けてほしいと願っている。

東 信
(フラワーアーチスト)


 


ギャラリーオーナーからのメッセージ

庄司夏子さんの展覧会をカイカイキキギャラリーで正式にやることになりました。庄司夏子さんのやりたいようにやるわけですが、それはもう大変なことで、うちのエースの笠原ちあきがフルコンタクトでプロデュースする、本格的な展覧会をやることになっちゃいました。
笠原は20年以上、私 村上隆をプロデュースして来た手練れです。その彼女がフルコンタクトでやるので、大したイベントになるとは思います。

夏子さんがよく、食文化が残らないので残る形にしたいということで、「写真、写真」とずっと言っていたことが、正直よく分かりませんでした。
つい数週間前に、ある1枚の写真を見て、それがわかったような気がしたので、笠原と話し合って、それを軸に、今回の展覧会を我々は考え直すことにしたりしました。
なので展覧会には、1本芯が入ったと思います。

庄司夏子さんは、ケーキやフレンチのお食事製作が素晴らしいのは自明のことですが、天才独特の理解されづらいであろうコミュニケーション不全と、桁外れなスケール感が同居している人で、彼女に共感することがたくさんあります。そんな奇妙な人間、天才性を持っている方は、日本の社会とはなかなかフィットしづらいと思っていたので、日本の社会で上手いこと生きて行ってるなと感心しています。

僕はそういった天才は、日本だけにとどまらないで世界に飛び出して行き、日本以外の国で、抗って動くことが、天才に磨きをかけるプロセスではないかと思うわけで、世界レベルの才能の発揮する空間っていうのは本当に怒髪天なエリアなので、それをずっとひしひしと感じながら生きるのと、たまにポップアップなどで外国に行くのとでは全然スケール感が違うと思います。

彼女にそういうことを何度もプッシュすると、日本の食材が大事であって、日本というものを表現するには日本に住まなきゃいけない、ということを繰り返し言っておりましたので、それからは、僕は別に何も言わなくなりました。でも僕は、今も本心では外国に彼女の本拠地をもう一つ持つべきで、ガンガン大変な想いをして欲しいと思ってます。

僕が生きている間、夏子さんの怒髪天の狂い咲きを見せていただける機会が、あるといいなと思っていて、今回はこれまた気が狂っているお花のアーチスト、東信さんとのコラボっていうことで、規格外の表現になるんだろうなと期待しています。
狂って下さい。マジで!!

村上隆


プロデューサーからのメッセージ

庄司さんと初めて会った日、中野ブロードウェイにある私達のジンガロオフィスに、なにかキラキラしたエネルギ ー体が飛び込んできました。その時は庄司さんのことをよく知らなかったんですが、全身から発散するパワーは強く記憶に残っています。

それから5年の間に、村上隆とコラボレーションし、MADSAKIともコラボレーションし、そして今年の村上隆の京都個展のガラディナーではオリジナルのケーキを現場で3日かけて制作してくださって、そうしたお付き合いを通して、いまでは庄司さんの人並み外れた熱量は、圧倒的なクリエイターである所以なんだと実感しています。それだけでなく、まだパティシエも専用工場もなくヨチヨチ歩きだった頃のとなりの開花堂を親身に助けてくれたり、ものづくりに対する裏表のないまっすぐな人柄もずっと感じてきました。

ですので、庄司さんからエテが10周年と聞いたとき、展覧会をやりませんか、と提案させて頂いたのは、とても自然な流れでした。食がアートであることを、庄司さんは全身で体現しています。アーティストとして庄司夏子さんを、アートとしてエテの10年を、リスペクトをこめてカイカイキキギャラリーで開催させて頂けることを光栄に思います。

笠原ちあき
(カイカイキキプロデューサー)


開催概要

展覧会名:été 10th Anniversary Exhibition

アーチスト:庄司夏子
フラワーアレンジメント:東 信
展覧会ロゴ:VERDY
主催:カイカイキキギャラリー

特別協賛: S k y株式会社

協力