Zoer & Velvet

ZOER プロフィール

意味への探求こそが、ZOERの作品の本質である。観察者としての彼は、リアルを見極め抜き出す事に長けている。この視点は彼を幼い頃からドローイングに導いた。子供の頃から暇な時にはスクラップ工場を眺め、交通渋滞の光景をドローイングして過ごし、物が破壊されて変わっていく様に激しい情熱を覚えた。そのようにして、彼は自身の表現形式を作り上げてきた。

思春期には、コミック・ストリップ作品に精通し、ファン雑誌を編集する事で、グラフィック・センスと物語の進行方法を育んでいった。2000年初頭、産業デザインを学びながら、頻繁にボムを行い、荒廃した土地の中に感受性豊かな色が盛り込まれた作品を製作し始めた。彼の創造力豊かな作品のレター、芸術的なイラストは、すぐに知れ渡る事となった。建築家の様に、彼は詩をもって絵画作品を作り上げ、政治的な色を帯びた視点で社会や文化を描く。彼は、見捨てられながらも、未来への願い /希望がある場所に、とてつもない注意を向けている。彼の芸術的言語は、矛盾を興し、しばしば、主題としての暴力性が、表現の繊細さと不思議にも共鳴する。

正確性が無秩序を正当化したり、実存主義が理想郷へと歩み寄ったりする。ペインティングしながら世界を巡り、彼が、自身の選ぶ土地に新しい視点をもたらすため、その風景へ溶け込むことを目指している。

ob

VELVET プロフィール

VELVET CSX(ベルベット シーエスエックス)、本名、Matthieu Pommier(マシュー・ポミエ)は、2000年代より、フランスの西部にてウォール・ペイントを開始した。彼の創造力は、そこにある臨海や産業的な風景よりもたらされ、そしてそこから多くのインスピレーションを得てきた。情熱的な描き手のマシューは、アートを本格的に学ぶ事を決意し、工業デザインの学位を取得した後、現在は工業デザイナー、またアーティストとして、世界を批判的でありながらも好意的な目線で観察し、人間とその環境、また人がデザインする物に焦点を当てている。

ペインティングを通じて彼は、我々が形作ってきた環境の機能性を、どのように生み出し、使役し、回復させ、転換させているのかを思案している。彼は、幅広く支持を得る事に対して引かれてきたので、自身を一つの技法に縛り付けようとはしなかった。そのため、彼の作品には、外の世界への介入と精緻な油性キャンバスとの一体性があるのだ。様々な主題において、VELVET CSXは、現実と幻想、物語と観念、そして実用性と感受性の漠然さの中で、ある世界を表現するため、自身の最も親密な記憶と、周囲の事柄への厳密な観察とを結合させている。