上田勇児

うえだゆうじ

プロフィール

1975年滋賀県生まれ。焼き物の名地・信楽のお茶農家に育ち、現在は滋賀県信楽の上朝宮に住居と仕事場を構え活動を行う。様々な焼きの実験を重ね、長石を塊のまま使用したり、粘土を表面に被せ穴窯で焼成したりするなど独自の手法を開発。通常の陶芸では失敗とされるような、亀裂やひび割れ、壊れなども、土そのものの作り出す美しさとして作品に取り込んでいる。

Go To Top